2009年09月11日

さかもとあけみのメッセージ4

「歌う」ということ A

イタリアへ留学で渡ってから、教会のミサで歌うことがありました。
教会に集い、祈りを捧げる大勢の方の中で、その気持ちを一つ私の声に集中するかのように、感謝のこころだけで歌い上げた、
あのときの感動はいまでも、心奥にあつく存在しています。そこに、歌うことの意味を見つけました。

ニューヨーク9.11の出来事の後にも、がれき近くでたくさんの人が集まり、ろうそくの灯をともしてみんなで歌いました。悲しくて、涙して、声にならないことも・・・。
でも、私は確信しています。
みんなが吸う息、歌おうとして吐く息のなかに、沈黙のなかに「歌」のすべてがあったことを。
沈黙の中には、確実に歌があるんです。
posted by JapanArts at 16:54| さかもとあけみのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。