2011年07月05日

「やるせない・・・」

2011年は3/11から始まったような気がしています。あの大震災の日から、気がつけばもう、夏。7月になってた、という感覚です。
夏といえば、子供たちには夏休み、大人たちにもつかの間のお休みがある頃となりますから、色々と計画があることでしょう。
しかし、いま、去年の夏休みとは、全く様子が違っています。

大震災後、それぞれが、様々なショック、ストレスを抱えながら、過ごしてきました。
私も驚愕と、悔しさと、悲惨なきもちと、たくさんの想いで胸が押しつぶされ、涙も何度もこぼしました。そのなかで、私には歌がある、ということに感謝しながら、勇気と覚悟を自身のなかで見つけて、道しるべが出来上がったと、思っていたところでした。

でも、ふと大きな大きな、取り除かれないものを、胸深くに感じました。
何なのか・・、良く考えてみました。
それは、「やるせなさ」でした。絶望や葛藤ではない、「やるせない想い」。
そして、この「やるせない想い」と共に、生きていく十字架を背負ったことを悟りました。

そして、「音楽」が存在していることに一層深く感謝したのです。音楽は「やるせない想い」を少しずつでも昇華していくことができる。
だから、私は歌い続けます。。
十字架を背負った歌い手です。。

posted by JapanArts at 12:08| さかもとあけみのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。